ビジネスは長期記憶がカギ

こんにちは、ゆきぞうです。

 
僕は読書が好きで、本をよく読みます。

 

 

特にビジネスの本は気になりますね。

 
ビジネスで成功している人の本は
読んでいておもしろいので
ドンドン引き込まれていきます。

 

 

 

ただし、
ここで気をつけなければいけないのが、
読むだけで終わらないようにしよう。

 

ということです。

 

 

ノウハウ系の本とか
特にそうなんですが

 

自分の知らない知識が
いっぱい書かれているので

 
えっ!?そうなの!?
マジで!?これはすごい!!

 

ほお~、こうやってやるのか~

 

 

こんな感じで
ドンドン読み進めていくので

 

 

気が付くと
かなりの時間が経っています。

 

 
本を読み終えた僕は満足顔ですよ^^

 

 
だって今まで知らなかった知識が
この本を読んで手に入ったんですから。

 

 
で、
よしっ!じゃあそれをやってみるか!
と、パソコンに向かうのですが・・・

 

 
あれ?最初はなんだっけ??
何からやればいいか忘れちゃった・・・

 

 
そうなんです
覚えてないんです。

 

 
僕の頭が悪いせいかと思ったんですが、
どうやらそうではなかったのです。

 

 

 

人間の脳には
短期記憶と長期記憶という
2種類の貯蔵庫があります。

 

 
本を読むなどして入ってきた情報は、
まずは短期記憶として貯蔵されます。

 

 
名前のとおり短期記憶なので、
一時的に記憶するだけで
忘れてしまいます。

 

 

 
もう一方の長期記憶は、
膨大な情報量を記憶する事が可能なので

 

 

ここに入った記憶は
かんたんには忘れません。

 

 

 

 

その長期記憶は、どうやるのか?
「理解して覚える」これだけです。

 

 
実際に手を動かして
アウトプットすることによって

 

 

脳に刺激が伝わり
長期記憶することができるのです。

 

 

 

 

でも僕はかなりの慎重派で、
なにしろ失敗するのが怖くて、

 

 

だから最初に全部読んで
納得してから始めたいんだ!

 

 

と、思って本を全部読み終えて
それから始めるのですが、

 

やっぱり手が止まるんです。

 

 

それはそうですよね
だって覚えてないんですもの。

 
でもこれって、
よくよく考えると当たり前のことで、

 

 
教科書、最初に全部読みますか?
国語辞典、最初に全部読みますか?
説明書、最初に全部読みますか?

 
ということなんです。

 
必要な時に
必要なページを開いて
そこだけやる!

 

 

つまり、
勉強してからやるのではなく
やりながら勉強するのです。

 
これです
これが正しいやり方なんです。

 

 

これはビジネスでも同じで

 

 

インプットしてからアウトプットではなく
アウトプットしながらインプットするのです。

 

 

そう、
こどものころの勉強のように

 

 

漢字を書きながら覚えるのです。
掛け算を解きながら覚えるのです。

 

 

この感覚が蘇ってくると
ビジネスは加速していきます。

 

 

そして楽しくなっていきます。

 

 

勉強してからやるのではなく
やりながら勉強する。

 
インプットしてからアウトプットではなく
アウトプットしながらインプットする。

 

 

長期記憶
ぜひやってみてください。

 

ブログランキングに参加しています。

よかったら、ぽちっとクリックしてくれると喜びます♪



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ